イチゴの壺 - 庭でいちご狩り




いちごの収穫時期



イチゴは4月から6月にかけて主に収穫することができます。この時期に収穫されるものは最初のうちが大きな実が採れています。そのうちにだんだんと実が小さくなってきしだいにならなくなって終了するのが一般的です。いちごは暑いときよりも気温が低いときの方が美味しくなると言われています。

気温が寒い時は赤く熟すまでの日数が一ヶ月近くかかったりします。しかし温度が上昇してくると、これがすぐに赤くなってしまうためになかなか甘さが伴わないということがあるようです。いちごは作ってみるとわかるのが、大きかったり甘かったりしても形が売られているイチゴのようにきれいな形で傷もなく、同じような大きさのものをあれだけ揃えるということは大変なのだなとつくづく感心させられます。

自分が作ったいちごの中で果たして売られているようなレベルのものは何パーセントあるのかという感じです。しかしそこは家庭菜園ですので、たくさんとれて美味しければ良しということにしたいと思います。

いちごほど傷むのが早いものはありません。収穫した後に少しでもぶつかったり、上から重さがかかるとあっという間に潰れてしまいます。つぶれると赤いいちごの汁が出てきて、時間が経っていたんでいるわけではないのですが、何となく食欲もなくなってしまうというものです。このイチゴをいかに傷めずに家まで持って帰るかということが、かなり頭を悩ませている問題です。庭先やベランダで作っていればこのようなことも心配入りませんが。

いちごを大量に収穫

いちごをの断面

いちごをたくさん収穫

いちごの収穫時期

大きないちごの収穫















おすすめの商品









中古品(円)、スペック、レンズ構成(群、枚)、重さ、作例、写り、口コミ通販ショップ(円)、混泳可能、飼い方/育て方、エサ、温度、pH、gH、レイアウトフィルムカメラ、自家現像、中古レンズ水槽レイアウト公園、庭園、緑地トマト家庭菜園−育て方キュウリエビ飼育根、茎、葉、病気、断面、葉脈伝統食材水耕栽培