イチゴの壺 - 庭でいちご狩り




イチゴデザートレシピ−いちごのコンフィチュールの作り方







イチゴデザートレシピ−いちごのコンフィチュールの作り方





いちごのコンフィチュールの作り方


材料
  • いちご 500g

  • グラニュー糖 250g
  •  
  • レモン1個分の果汁

手順
  1. イチゴを洗い、ヘタを取ります。

  2. グラニュー糖とイチゴまぶして冷蔵庫に入れて一晩放置します。

  3. イチゴから水分が出ていたら、鍋に入れて火をつけます。

  4. あまり煮詰めずに実の形が残る程度に火を通して、レモン汁を入れます。

  5. 煮沸消毒しておいた瓶に詰めて、完成です。

 
解説
イチゴのジャムは大変有名ですが、ジャムからもう少しレベルアップしたものに、イチゴのコンフィチュールというものがあります。

これはいちごの実がそのまま残っていて、甘いシロップ漬けのような状態になったものです。厳密にはジャムと同じ事のですが、この特にいちごの実が残っている状態のものコンフィチュールと呼んでいるそうです。

これはなんといってもやはりジャムのようにペースト状のものと違い、イチゴの実を食べているという感覚があるということで非常に優れています。

いちごの種のつぶつぶ感を感じらながら、ジャムのようにして食べてるのであれば非常に最高です。作り方は、簡単に言えば砂糖とレモン汁があれば簡単にできます。ジャムと一緒です。

砂糖だけでも可能です。もと違うところは、実を潰さずに残しておくということです。まず初めにイチゴに砂糖かけて一時間位おき、水分を外に出すということです。そして後は煮詰めて水分がなくなってきたら完成です。とても簡単でジャムを作るより早くできます。








*レシピは注意して作成していますが、記載ミスがある場合もあります。また、調理においてはご自身の責任において実施してください。














おすすめの商品









中古品(円)、スペック、レンズ構成(群、枚)、重さ、作例、写り、口コミ通販ショップ(円)、混泳可能、飼い方/育て方、エサ、温度、pH、gH、レイアウトフィルムカメラ、自家現像、中古レンズ水槽レイアウト公園、庭園、緑地トマト家庭菜園−育て方キュウリエビ飼育根、茎、葉、病気、断面、葉脈伝統食材水耕栽培