イチゴの壺 - 庭でいちご狩り




イチゴのヘタ

イチゴのヘタ






イチゴのヘタとはなんなのでしょう。食べ終わったあとに、はかならず、ヘタだけが残されています。

これを丸ごと食べてしまうことはあまりしません。たとえ、ジュースやジャムにするときでも食べません。なぜでしょうか?

これがナスのヘタだとすると、どうでしょう。トゲだらけで硬くて食べられたものではありません。

しかし、いちごのヘタは柔らかくて、おもわず、間違って食べてしまったことは誰しもあるでしょう。少しくらいなら気にならないと思います。

むしろ、ヘタをとるのが面倒だということが問題になっています。

なんで??ヘタを持って、大きいいちごを食べるのが楽しいのではないか?と思いますが、小さいイチゴがたくさんできてしまうのが家庭菜園の栽培方法です。

こういうときには、加工するために、100個くらいを洗って綺麗にする必要があります。ジャムにするにも、ヘタがあっては邪魔で仕方ありません。


















おすすめの商品









中古品(円)、スペック、レンズ構成(群、枚)、重さ、作例、写り、口コミ通販ショップ(円)、混泳可能、飼い方/育て方、エサ、温度、pH、gH、レイアウトフィルムカメラ、自家現像、中古レンズ水槽レイアウト公園、庭園、緑地トマト家庭菜園−育て方キュウリエビ飼育根、茎、葉、病気、断面、葉脈伝統食材水耕栽培